お餅に飽きてきた!そんな時に役立つ『ずんだもちの素』

スポンサーリンク

こんにちは、すもる(@smalldreamhope)です。

お正月のお餅、もう皆さんのおうちでは無くなりましたか?

うちは、たくさんもらったので、まだ結構残ってます。

お餅好きなので、雑煮にしたり、ぜんざいにしたり、砂糖醤油で食べたりと色々と食べ方を変えましたが、そろそろ違う味が欲しくなってきました。

そんな時、スーパーで見かけた餅アイテムがなかなか美味しかったので、シェアしたいと思います。

簡単にずんだが食べられる!ずんだもちの素

仙台の名物ずんだ餅、一度仙台の店舗で食べてからすっかり大好物になりました。

でも関西ではなかなかお目にかかることがなく・・・残念。

そんな時、目に入ってきたのが『ずんだもちの素』

お餅にあえるだけで、簡単にずんだ餅になるというもの。

お正月のお餅もまだたくさんあったので、買って試してみました。

スポンサーリンク


ずんだの素でお餅を食べてみた!

パッケージはこんな感じ

ずんだもちの素丸美屋さんの商品です。

中には素が3袋入ってます。

丸美屋ずんだもちの素器にあけてみました。

ずんだもちの素の粉

ところどころ、ずんだの粒々感があります。

ここにお湯を大さじ1杯入れて、よく混ぜます。

ずんだ餡

ずんだの餡が完成!ちょっと食べてみるとちゃんとずんだの味がしていました。

茹でたお餅やレンジでチンしたお餅、焼き餅に絡めてもおいしいと書いてあったので、今回は茹で餅と焼き餅で試しました。

▼茹でたもの

茹で餅ずんだ餡

だいぶ柔らかくなり過ぎてしまいました・・・

でも食べてみると、ちゃんとずんだ餅になってました。

▼焼いたもの

焼きずんだ餅

ビジュアル的にはあまり美しくないけれど・・・

茹で餅より、香ばしくてずんだ餡ともあっていて、個人的にはこちらの方が好き。

焼きずんだ餅(そんなのあるのかな?)という感じです。

今回、1袋分で直径6センチほどの丸餅2個分を食べてみたのですが、ちょっとずんだの量が少なかったです。

なので、1袋お餅1個で食べる方が美味しいと思います。

あとは、お餅を小さくして、絡ませるとビジュアル的にも本物に近づくかな。

味は本家仙台のずんだ餅には及びませんが、お餅に飽きてきたなという時に、ちょっと変わった感じで食べられるので、試してみてください。

今回紹介した商品

丸美屋『ずんだもちの素』

シリーズで他の味もありました。

『みたらしもちの素』

『黒ごまだれの素』

『抹茶あんの素』

こんな記事もありますリスト(一部広告を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です