【京都】北近畿のパワースポット・元伊勢さんに初詣

元伊勢内宮本殿
スポンサーリンク

あけましておめでとうございます、すもる(@smalldreamhope)です。

このブログをはじめて2ヶ月経ちました。
読んでくださる方が少しずつ増えてきて、とても嬉しいです。

今年もよろしくお願いいたします。

2016年はじめの記事は初詣のお話。

元伊勢さん初詣おみくじ

地元、北京都(福知山)の初詣スポットのご紹介です。

北京都のパワースポット・元伊勢内宮

北京都・福知山のお正月、初詣でにぎわうのは、「元伊勢内宮」という神社。
地元の人には、親しみを込めて「元伊勢さん」と呼ばれています。

さて、伊勢・内宮というと三重県の「伊勢神宮」を思い浮かべられる方もいらっしゃるのでは。

実はその伊勢神宮で祀られている「天照大御神」が、伊勢神宮に鎮座される前に寄られた地が丹波の国(今の丹後地方)とされており、福知山の大江という場所に4年間ほどいらっしゃったそうです。
その時にできた神社が「元伊勢内宮」
正式な名前は『元伊勢内宮・皇大神社』と言います。

天照大御神が今の伊勢神宮へ鎮座された後も、伊勢神宮の元宮として信仰が続けられ、約2,000年の歴史があるといわれています。

元伊勢神社説明

元伊勢内宮にある説明によると、伊勢神宮に鎮座される54年前にはこの神社があったとか。
とても歴史を感じる、北京都のパワースポットなんです。

また、この元伊勢内宮の近くには伊勢神宮と同じように「外宮」があり2社をあわせて、「元伊勢神宮」と呼ばれています。

元伊勢さんへの初詣

ここ5年ほど、初詣は元伊勢さんと決めています。

今年も元旦にお参りしました。

元伊勢内宮皇大神社
福知山市内から車で40分ほど。
自然豊かな地にあります
元伊勢内宮鳥居
まずは石の鳥居前でごあいさつ。
ここからひたすら階段を上ります。

元伊勢内宮参道
参道は、息が切れるほどの坂道。
けれど巨杉などの木々に囲まれ神秘的な雰囲気を味わえます。

元伊勢神宮本殿
登りきりると珍しい黒木の鳥居。

元伊勢内宮本殿
鳥居をくぐると拝殿、そしてその奥に神明造茅葺の本殿があります。

龍灯の杉
拝殿の隣には「龍灯の杉」という樹齢2,000年の大杉が立っています。
節分の夜に龍が灯りを献すると言われているそう。

伊勢神宮の内宮では、お願い事をするのではなく「感謝」を伝えるのが正式なお参りの方法だときいたので、元伊勢内宮でも2015年の感謝をお伝えしてきました。

元伊勢さんの初詣ならではの楽しみ

山の中にあるため、普段はひっそりした雰囲気の元伊勢さんですが、初詣の日はたくさんの人でにぎわいます。

元伊勢さんがある大江町の地域は、国のどぶろく特区に指定されているので、新春のどぶろく販売があったり、甘酒をいただくこともできるんです。

ちなみに、どぶろく販売所の甘酒は無料(試飲)、内宮近くの甘酒は有料(300円)でした。

神杜の甘酒
神杜の甘酒、せっかくなので購入

甘酒
いい塩梅に塩っ気があり、とてもおいしい甘酒でした。

また、近所に住む方が作られた野菜や、漬物もお土産で販売されています。
てるじいのたくあん
『92さいのてるじぃがつくりました。おいしいですよ。』

そんな紹介がかわいくて、おもわず撮影。
ほのぼのできるのが田舎の初詣のいいところ。

元伊勢さんの不思議な話

元伊勢さんのことを調べていると、いろいろと不思議な話が入ってきます。

例えば

      ■伊勢神宮と元伊勢内宮は冬至の時に太陽の上るラインが一致するとか

■元伊勢内宮を含む、古来から信仰のある近畿の大きな神社や霊山を結ぶと五芒星になるとか

偶然か、その昔に何か意味があってそのように創られたのかは謎につつまれています。

近畿の五芒星

  • 北京都の元伊勢内宮
  • 滋賀の伊吹山
  • 三重の伊勢神宮
  • 和歌山の熊野本宮大社
  • 淡路島の伊弉諾神宮
近畿の五芒星

この五芒星を結ぶ1辺は170㎞という説も。

とても気になります。

興味をお持ちお方は「近畿五芒星」で検索を!
いろいろ出てきます。

元伊勢さん(元伊勢内宮・皇大神社)情報

【住所】
京都府福知山市大江町内宮217

【アクセス】
丹鉄宮福線「大江山口内宮駅」下車 徒歩25分(約1.6キロ)
京都縦貫道「舞鶴大江IC」より車で30分
※GoogleMapより

車の場合は駐車場有(有料500円)

【地図】

元伊勢さん初詣まとめ

歴史のある元伊勢さん、地元なのであまり深く考えずにお参りしていましたが、今回記事を書いてみていろいろな謂れや謎があり、とても興味深い神社だなと改めて思いました。
伊勢神宮好きの方にはぜひとも北京都まで足を延ばしてもらって、天照大御神がいらっしゃった場所の空気を味わってもらえたら嬉しいです。

元伊勢内宮本殿

こんな記事もありますリスト(一部広告を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です