kippisのソースとジャムはかわいくてプレゼントにもご褒美にもぴったり!

スポンサーリンク

カヨ
こんにちは、北欧大好きカヨ(@smalldreamhope)です。

先日とてもかわいいプレゼントをいただきました。

北欧デザインブランドのkippis(キッピス)のジャムやソースです!

どんなアイテムなのか、味は?などご紹介します。

kippis×マルハニチロのかわいいジャムとソース

北欧デザインブランドのkippisと缶や瓶詰めフードのマルハニチロがコラボした北欧ソースシリーズ。

小さなころんとした瓶の中に北欧でよく使われる素材を使ったソースやジャムが入っています。

味もさることながら、やはりkippisの北欧柄がデザインされた瓶がかわいい!

蓋もおしゃれ!

食べた後も、小物入れなどにして飾っておきたいデザインです。

北欧ソースの種類は?

kippisの北欧ソースの種類は全部で7種類。

  • クリーミーデミソース
  • サーモントマトソース
  • ソルティレモンソース
  • きのこクリームソース
  • 豚のハーブリエット
  • キャラメルシナモン
  • ルバーブアップルジャム

パンに塗ったり、パスタにあえたり、甘いソースやジャムはヨーグルトやスイーツに使ったり、色々楽しめます。

瓶のデザインはすべて違うので全部集めたくなります。

食べてみた感想

北欧ソースを食べてみた感想です!

食べた順に追加していきたいなと思ってます。

サーモントマトソース

最初に食べたのはサーモントマトソース。

北欧を代表する食材といえばサーモン!

フィンランドやスウェーデンを旅した時も毎日のようにサーモンを食べていました。

そのサーモンも使ったソースです。

まずは、パンに塗って食べました。

しっかりサーモンの味がして、ちょっぴり酸味のあるトマトソースとの相性ぴったり!

チーズをのせて焼いたのですが、チーズに負けることなくソースの味がしっかりしていました。

チーズとの相性も抜群でしたよ。

パンの次はパスタに。

クリームチーズとこのサーモントマトソースを和えてみました。

こちらも美味しい!和えるだけで簡単に北欧で食べたような思い出が蘇る味のパスタになりました。

ちなみに、食パン2枚分、パスタ2人前分ほどの量でした。

ルバーブアップルジャム

ジャムシリーズから、まずはルバーブアップルジャムを食べました。

ルバーブって日本ではあまり馴染みが無いですよね。

北欧ではポピュラーな野菜で、日本でいうフキのような形や食感です。

料理やお菓子によく使われるそうですよ。

フィンランドを旅した時、庭で育てていたお家も見かけました。

そんなルバーブが入ったジャム。

角切りのルバーブがたっぷりなので、ちゃんとルバーブの食感を楽しめます。これは嬉しい!

味は甘酸っぱく、バターとよく合います。

トーストにぴったり!

ベリーのジャムとはまた違った甘酸っぱさで、あまり日本にはない新しいジャムの味を楽しめると思いますよ。

肉料理にも合うそうなので、また試してみようと思います。

瓶はOmppu(りんご)という柄です。

個性的だけど、ころんとかわいいりんごのデザイン、これも飾りたくなる柄です。

どこで買えるの?

kippisの北欧ソースシリーズは雑貨屋さんなどの実店舗のほか、ネットでも購入できます。

Amazonはこちら

楽天ではアンジェというショップに種類が揃っていました!

アンジェネットショップ本店でも

kippis 北欧ソース&ジャム | アンジェ web shop(本店) | angers (インテリア雑貨 セレクトショップ)

商品詳細はkippisのサイトへ

kippis(キッピス)公式サイト

まとめ

kippisの北欧ソース、ジャムを紹介しました。

まだ少しずつ食べているので、感想は追加していきたいと思っています。

もう、見た目もかわいいし、美味しいし、これは北欧好きさんやかわいいもの好きさん、パンやパスタ好きさんへのプレゼントにぴったり!

また、自分へのご褒美として買うと、使うのが楽しみで、1日頑張れそうです!

オススメしたいアイテムでした。

こんな記事もありますリスト(一部広告を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です