関西蚤の市&関西北欧市情報!開催日と過去の様子レポ紹介

北欧市
スポンサーリンク

こんにちは、すもる(@smalldreamhope)です。

手紙社さんが開催する蚤の市・北欧市について記事を書いています。

2016年蚤の市情報

東京蚤の市・北欧市
11月19日(土)・20日(日)
東京オーヴァル京王閣にて

関西蚤の市・北欧市
12月3日(土)・4日(日)
coming soon

東海蚤の市・北欧市
10月15日(土)・16日(日)※終了
JRA中京競馬場にて

蚤の市公式サイト

以下は2015年関西蚤の市・関西北欧市へ行ったときのレポートです。
蚤の市の雰囲気やお買い物の参考になると嬉しいです!

12月5日、阪神競馬場で開催された関西蚤の市と関西北欧市へ行ってきました。
関西蚤の市

スポンサーリンク


北欧雑貨・北欧アンティークのお祭り・関西北欧市

関西蚤の市の中で、関西北欧市として特別エリアが設けられ、北欧雑貨やアンティーク商品を扱われているお店が全国から集結していました。

こちらのイベントは、東京にある手紙社さんが企画運営されているイベントです。
手紙社WEBサイト「今日のお手紙」

全国から雑貨や古道具などのショップが集まり、たくさんの人で賑わっていました!
蚤の市人

お目当は北欧フィーカさんのポストカードをいただくことと、北欧アイテムをたくさん見ることだったので、まっさきに北欧市に向かいました。
北欧市

発見!フィーカさんブース
北欧フィーカ北欧旅の思い出をポストカードにして、いろんなイベントで配布されています。

写真がとても素敵です。

北欧フィーカというサイトを運営されているのですが、北欧の情報がたくさん載っていて、今年の6月に北欧旅をしたとき、たくさん助けてもらいました。

北欧フィーカWEBサイト

フィーカさんのブースをスタートに北欧市巡回!

ウッドサインが北欧で見たものと同じでテンションあがりました。
ウッドサイン

北欧のアンティーク食器がいっぱい
北欧アンティーク食器

フィンランドのガラスの器、フローラが、きらきらきれい
フローラ

フローラブルー

どこか、懐かしい感じのクロスもたくさんありました
北欧のテーブルクロス

白樺のかわいいかご
白樺のかご

アーリッカやマリメッコの雑貨も
アーリッカ雑貨

神戸の北欧ショップmarkka(マルカ)のInstagramで人気の「うさぎ山ごんぞう」さんにも出会えました
うさぎ山ごんぞう

北欧市を堪能した後は、お腹が空いたのでフードブースへ

おしゃれなフードブース

気になるフードがいっぱいのおしゃれなフードブース

移動カフェ foodcar2

寒かったので、あったかいものが欲しくて

シチニア食堂の冬の根菜たっぷり「ホワイトソースリガトーニ」というショートパスタをチョイス
ショートパスタ

シチニア食堂

温まったところで、蚤の市エリアへ

掘り出し物ざくざく・関西蚤の市

関西蚤の市エリア、とにかくたくさんのブースがあって、何を見たらいいのか混乱しました。

とりあえず、カメラを片手にブラブラすることに。

ヨーロッパのかわいいマグカップ
ヨーロッパのマグカップ

大量のメイソンジャー
メイソンジャー

たくさんの食器たち
蚤の市お皿

柄の綺麗なアンティーク和食器
和のお皿

古本や古雑誌もあったり
古本

雑貨づくりのパーツにつかったり、外国のコイン?プレート?
コイン

おしゃれな空き瓶
空き瓶

謎の木彫り雑貨
木彫り雑貨

クリスマスやお正月に向けてかわいいリース
クリスマスリース

などなどジャンルも色々な品物たちを見ることが出来ました。

私は知識がないので分からなかったのですが、他のサイトを見たりしていると、掘り出し物がたくさんあったようです。

次はお勉強していこう。

北欧市でゲットしたもの

たくさん、欲しいものがでてきて嬉しくも困りました。

お財布と相談しながら、フローラとポストカードとごんぞうさんの手ぬぐいを購入。

関西北欧市で購入したもの

フローラとポストカードはretro numberというお店で購入。
retro number webサイト

マルカのごんぞうさんの手ぬぐいは、フィンランドのイラストレーター「マッティ・ピックヤムサ」さんが、デザインされています。
マルカのWEBサイト

そして、北欧フィーカさんのポストカード
フィーカポストカード
いつかフィーカさんのような、サイトを作ることが夢なので、目標として大事に飾ります。

北欧フィーカWEBサイト

関西蚤の市・北欧市まとめ

とにかくたくさんのブースがあるので、何が欲しいか考えてから行かないと破産してしまいそうです。

そして、掘り出し物と出会うには、事前のリサーチと、これだと思ったら早めに買うこと。

もうちょっと見てからと思っていると、一点ものが多いので、無くなっていることもあります。

私も、アラビアの珍しいカップ&ソーサーを逃しました。
また何処かで出会えることを願ってます。

雑貨やテーブルウェア、アンティーク、北欧好きには最高のイベントなので、来年も開催してくれることを願います。

関西蚤の市パネル

読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
北欧市

こんな記事もありますリスト(一部広告を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です