【兵庫】丹波市ひまわり柚遊農園は35万本のひまわりが花盛り!迷路も楽しい夏スポット!

スポンサーリンク
カヨ
こんにちは、カヨ(@smalldreamhope)です。

丹波市・ひまわりの記事にお越しいただきありがとうございます。

この記事は2016年の夏に丹波市のひまわり農園へ行ったときの内容です。

2018年の開園時期はこちら

ひまわり柚遊農園・2018年開園時期
開園日:7月22日(日)~8月5日(日)

時間:午前中まで

祭り:7月29日(日)10:00~

入園料:300円

ひまわり柚遊農園 (兵庫県丹波市春日町柚津913番地) – ひまわり畑ネットより

兵庫県北部、丹波市春日町にある「ひまわり柚遊農園」では、35万本ものひまわりが畑一面に咲き誇っています。

農園には、たくさんのひまわりで作られた迷路があるのですが、レベルが高くてとても楽しめる夏スポットになっているので、ご紹介します!

スポンサーリンク

ひまわり柚遊農園

兵庫県北部の山間の町、丹波市春日町柚津(たんばしかすがちょうゆず)にある『ひまわり柚遊(ゆうゆう)農園』

ひまわり柚遊農園

このひまわり農園には、なんと30万本、6ヘクタールものひまわり畑が広がっています。

ひまわり柚遊農園全体

太陽の光を浴びて輝くひまわりが、とても綺麗です。

柚津のひまわり

ひまわり農園には、ひまわりの迷路があったり、無料でひまわりを持って帰ることができる、ひまわり切り花園もありますよ。

ひまわり切り花園

好きなひまわりを自分で切り取れます(無料)

『ひまわり柚遊(ゆうゆう)農園』はとにかくひまわりを満喫できる夏のおすすめスポットです。

たくさんのひまわり

ひまわり柚遊農園情報

≪場所≫兵庫県春日町柚津417

≪開園期間≫2017年7月22日(日)〜8月5日(日)

ひまわり祭りは7月29日(日)

≪入園料≫300円

≪問合せ先≫丹波市観光協会 0795-70-3501

≪アクセス≫

■電車

JR福知山線 黒井駅下車後、バスで25分東中停車場下車徒歩10分

■車

若狭舞鶴自動車道 春日ICより約10分

≪駐車場≫あり・約50台ほど

ひまわり農園駐車場

駐車場は農園のすぐ近くにあります

レベルの高いひまわり迷路が楽しい!

ひまわり柚遊農園には、ひまわりで作られた迷路があります。

ひまわり迷路入口

これが、なかなかレベルが高いんです!

というのも、ひまわりで隠された9個のチェックポイントをクリアすると記念品がもらえるのですが、背の高いひまわりの中に、とてもうまく隠されていて、よーく探さないと見つかりません。

ひまわり迷路チェックポイント

9個のスタンプを集めて回る迷路です

ここかな!?とおもったら、行き止まりのトラップだったり。

ここには無いだろうな・・と思うようなひまわりの道をズンズン進むと、実はあったり。

隠れるチェックポイント

ひまわりで隠されていてなかなか見つからないのが楽しい!

周りからも、◯番のスタンプみつからなーい、何処にあるん?難しいなーという声が聞こえてきました。

大人も子どももはしゃいでて楽しそうでした!

大人も子どももはしゃいでて楽しそうでした!

でも汗だくで探しまくって、最終的にはみんなスタンプを集めていたんですけどね。

子どもはもちろん、大人も必死になって楽しめます(笑)

記念品が何かは行ってからのお楽しみ!

ひまわりの見頃は8月上旬まで

ひまわり柚遊園の開園期間は8月5日(日)まで。

まだ蕾みのひまわりもたくさんあったので、開園期間まできれいなひまわりを見ることができそうです。

ひまわりのつぼみ

夏休みのお出かけにぜひ!

お土産には丹波産野菜を

農園への入り口では、丹波産の新鮮な野菜が並んでいます。

日によって違う場合もありますが、トウモロコシやカボチャ、枝豆、スイカ、サツマイモなど。

特にトウモロコシは、採れたてを生で試食させてもらえます。

丹波のトウモロコシ

ゴールドラッシュというとても甘い品種です

トウモロコシを生で食べることって、なかなか無いと思いますが、採れたての新鮮なものなので、とてもみずみずしくて、あまいんです。

思わず買って帰りたくなる(実際に買って帰りました)美味しい野菜です。

お隣にはかき氷屋さんもありますよ。

かき氷屋さん

子どもにも嬉しいかき氷

暑い日にぴったり。

スポンサーリンク

周辺の観光情報

ひまわり柚遊農園に行ったら立ち寄ってほしいおすすめスポットの紹介です。

キャリー焼菓子店

キャリー焼菓子店舗

<ひまわりゆ柚遊農園から車で約10分>

空き家だった場所をリメイクしたお洒落なお店で、タルトやスコーン、チーズケーキなど美味しいオリジナル焼き菓子を販売されています。

お土産におすすめ。

イートインもできます、夏場は丹波産のフレーバーを使ったかき氷もありますよ。

【兵庫】丹波市のかわいいお菓子屋さん『キャリー焼菓子店』

2016.08.07

サイト→キャリー焼菓子店

夢の里やながわ

<ひまわりゆ柚遊農園から車で約17分>

丹波特産の素材を使ったスイーツをメインに、ギフトにもなる黒豆などの丹波食材を販売するお店。

カフェスペースもあるので、休憩やお土産探しにぴったりのお店です。

サイト→丹波の特産品をつかった丹波スイーツなら 株式会社やながわ

道の駅おばあちゃんの里

<ひまわりゆ柚遊農園から車で約15分>

舞鶴若狭自動車道・春日インターを降りてすぐにある道の駅。

フードコートやおばあちゃんの里オリジナルのパン屋さんがあるので、ランチタイムにぴったり。

また丹波特産の新鮮な米や野菜がお安く手に入ります。

【兵庫】道の駅おばあちゃんの里(丹波市)でおしゃれなランチはいかが?

2016.12.30

サイト→道の駅 丹波おばあちゃんの里 自然と歴史が織りなす心のふる里

さいごに

丹波市のおすすめ夏スポット『ひまわり柚遊農園』を紹介しました。

自然の中で、元気に咲くひまわりを見ていると、なんだかパワーが湧いてくる気がします。

ひまわりを無料で摘んだり、迷路を楽しんだり、新鮮野菜を食べたり買ったり、田舎ならではの楽しみを丹波市で体験してみませんか。

▼丹波を紹介するおすすめ旅本▼

こんな記事もありますリスト(一部広告を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です