エストニア・タリン「チョコララ」のチョコレートを幸福のチョコレートでお取り寄せ・チョコレポ

スポンサーリンク
カヨ
こんにちは、カヨ(@smalldreamhope)です。

このブログでは、実際に食べてみて美味しかったお菓子、おすすめしたいお菓子を紹介しています。

今回はバレンタインシーズンにフェリシモの幸福のチョコレートでお取り寄せした、エストニアのチョコレート「チョコララ」のチョコレポです。

フランス「ネネット ラディジャ」のチョコレートを 幸福のチョコレートで購入!食べてみた感想をお伝えします

2019年1月14日

check幸福のチョコレートを見る

エストニアのタリンってどこ?

チョコララの話の前に、このチョコレート店があるエストニア・タリンのお話を少し。

エストニアってどこにあるっけ?という方も多いのではないかなと思います。

エストニアはヨーロッパ北欧に位置する国で、バルト三国のひとつです。

フィンランドから船で約2時間で行けるので、最近は北欧旅行の候補地としても注目が集まりつつあります。エストニアを旅するツアーも増えてきました。

タリンはエストニアの首都で、世界遺産にもなっている中世の建物が残る旧市街地と、ビルが建ち並ぶ近代的な街の両方を見ることができます。

チョコララとは?

さて、そんなエストニア・タリンの街のチョコレート店「チョコララ」とはどんなお店なのでしょうか?

エストニアタリンのチョコレートチョコララのショコラティエは元弁護士さん。

ロンドン在住時にチョコレート作りを勉強し、故郷のタリンでチョコレート店をスタートされました。

添加物を使わず、エストニアならではの素材やデザインのチョコレートを作る地元で人気のチョコレート店です。

幸福のチョコレートバイヤーみりさんのブログでもっと詳しく知ることができます

CHECKチョコララのことをもっと知る

エストニアならではチョコララのチョコレート

チョコララのチョコレートの特徴は、エストニアならではの素材を使った珍しいチョコレートがあること。

例えば、北欧ではポピュラーな木「白樺」を使ったチョコレートやモス「こけ」のチョコレート、シーバックソーンという北欧のベリーを使ったチョコレートなど地元の素材を大切にしたチョコレートを作られています。

エストニアタリン・チョコララ のチョコレートまた、タリンの街並みをプリントしたチョコレートもあり、お土産としても人気があります。

チョコララのチョコレートを食べてみた感想

今回、幸福のチョコレートで購入したチョコララのチョコレートを食べてみた感想です。

今回注文したチョコララのチョコレートは3種類のチョコレートが入ったアソートタイプのもの。

チョコララ エストニアのチョコレート北欧・エストニアらしい「白樺」「シーバックソーン」と「キャラメル」のチョコレートでした。

では、それぞれを食べてみた感想です。

白樺

ツリーが描かれた白樺のチョコレートは、外側のチョコレートは薄くパリッとしていて、中はクリーミー。

白樺のチョコレート口どけがとてもよかったです。

白樺味のお菓子は初めてだったのですが、くせがなくて食べやすく、後味が爽やかでした。

チョコララ 白樺のチョコレートミントとはまた違う爽やかさで、やさしい甘さと少しスッとする感じがすごく美味しかったです。

3種類の中ではこれが一番好きで、また白樺のチョコレートがあったら、購入するだろうなと思ってます。

シーバックソーン

続いて「シーバックソーン」のチョコレート。

チョコララ シーバックソーンのチョコレートシーバックソーンはビタミンやアミノ酸など栄養が豊富で奇跡の果実と言われています。

そんなシーバックソーンチョコレートは、外側はビターチョコ、切ってみるとトロリとシーバックソーンのソースがたっぷり入っていました。

チョコララ シーベリーのチョコレートシーバックソーンのソースはとても甘酸っぱく、ビターチョコレートにも負けていません。

マンゴーに近いかな?とも思いましたが、少し苦味もあり初めて食べる味でしたが、全体的にさっぱりジューシーなチョコレートでした。

キャラメル

3つ目はキャラメルのチョコレート。

チョコララ キャラメルソースのチョコレート外側は苦めのビターチョコレートでパリッとした食感。

中はトロトロのキャラメルソースでした。

チョコララ キャラメルのチョコレート塩感もあって、甘じょっぱいキャラメルがビターチョコレートとの相性ぴったり。

少し大人味のチョコレートでした。

チョコララのチョコレートを買える場所

チョコララのチョコレートを日本で買える場所は現在、フェリシモの幸福のチョコレートのみです。

2019年はこのレビューに載せたチョコレートは無いのですが、チョコララ一押しのラズベリーチョコレートが販売されています。

 

View this post on Instagram

 

このチョコレートは、エストニアのチョコで去年の表紙を飾ってました! #チョコララ さんです。 バルト三国の #いちごチョコ も外せないです! 詳しい情報は#幸福のチョコレート のサイトか ブログをご覧ください。 #幸福のチョコレート #フェリシモ #チョコレート #チョコレートバイヤーみり #チョコレート大好き #チョコ #チョコレートマニア #バレンタイン #チョコレート中毒 #世界 #チョコ旅 #旅 #レアチョコレート #セカホシ #エストニア #いちごチョコ 幸福のチョコレートは1月31日までバレンタインお届け受付中です。プロフィールのサイトにお越しください。世界から集めに集めたローカルなチョコレートが満載です!

チョコレート バイヤーみり 『幸福のチョコレート』さん(@buyer_miri)がシェアした投稿 –

↑幸福のチョコレート バイヤーみりさんのInstagramより

2018年版幸福のチョコレートカタログの表紙を飾ったチョコで、とてもかわいいチョコレートですよ。

チョコララまとめ

エストニア・タリンのチョコレート店「チョコララ」のチョコレートレビューでした。

はじめて食べた白樺のチョコレートに感動して、またいつかタリンへ行って買いたい!食べたい!そんな夢のひとつになりました。

日本では幸福のチョコレートで1種類のみの販売ですが、現地のお店へ行くと、タリンの街をプリントしたチョコレートもあるようで、タリン旅行のお土産にすると喜ばれそうです。

北欧のチョコレートや、エストニアやタリンが好きな方はぜひチェックしてみてください。

CHECK!幸福のチョコレートを見てみる

フランス「ネネット ラディジャ」のチョコレートを 幸福のチョコレートで購入!食べてみた感想をお伝えします

2019年1月14日
気になるチョコ企画
チョコ好きさんのための、じっくり12ヵ月かけてチョコを 「知る」 「食べる」 「使う」 「作る」 のあらゆる角度から楽しむプログラム
チョコレートバイヤーみりさんが、熱く楽しくエスコートしてくれます。

こんな記事もありますリスト(一部広告を含む)