フィンランドの2月のお菓子『ルーネベリタルト』を作ってみました・材料や作り方を紹介!

スポンサーリンク

こんにちは、北欧が大好きなすもる(@smalldreamhope)です。

フィンランドで2月5日は「ルーネベリタルト」というお菓子を食べる日だそうです。

昨年は、神戸にある「北欧雑貨とカフェのお店マルカ」さんで食べてみました。

そのルーネベリタルトがすごく美味しかったので、自分でも挑戦してみました。

その時のレシピなどを紹介したいと思います!

ルーネベリタルトとは?

「ルーネベリタルト」とはフィンランド国歌の歌詞を書いた詩人ユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリ(Johan Ludvig Runeberg)が愛したお菓子です。

詩の創作力の源として好んで食べていたのが、近所のお菓子屋さんのラズベリーケーキだったそうで、それをみていた奥さんがルーネベリさんの誕生日にアレンジして作ったケーキが「ルーネベリタルト」のはじまりでした。

ルーネベリさんの死後、約140年たった今でも、誕生日だった2月5日前後には、フィンランドの様々なお店に「ルーネベリタルト」が並ぶそう。

奥さんからルーネベリさんへの愛情がこもったお菓子が、今もフィンランドで食べ続けられているって素敵ですね。

ルーネベリタルト

ルーネベリタルトのことについて、さらに詳しくは「フィンランドのお菓子ルーネベリタルトを食べに北欧カフェ・マルカさんへ」をぜひご覧ください!

ルーネベリタルトの材料と作り方

では、実際に作ってみたルーネベリタルトの材料や作り方を紹介します。

材料(6個分)

〈生地〉

  • 無塩バター:100g
  • 砂糖:80g
  • 卵:1個
  • 薄力粉:90g
  • アーモンドプードル:30g
  • ジンジャークッキー:25g
  • ベーキングパウダー:小さじ1
  • カルダモン:小さじ1/4
  • 生クリーム:75㏄
  • ラズベリージャム:小さじ3

〈マリネ液〉

  • お湯:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • 好きなリキュール:大さじ2

〈トッピング〉

  • ラズベリージャム:小さじ3
  • 粉砂糖:大さじ2
  • 水:小さじ1/2程
ルーネベリタルト材料

作り方

1.ジンジャークッキーをジップロックなど丈夫な袋に入れて軽く叩き潰す
ジンジャークッキーを砕く
2.ボウルに薄力粉、アーモンドプードル、砕いたクッキー、ベーキングパウダー、カルダモンを入れて混ぜ合わせる
3.卵をほぐし、生クリームを常温に戻しておく
4.常温に戻したバターと砂糖を混ぜ、白っぽくなるまで泡立てる
5.よく混ぜながら卵を入れる
6.(5)のボウルに(2)の粉類と生クリームを交互に2、3回に分けて入れ切り混ぜる。
7.バターを塗ったマフィン型の1/3までに生地を入れ、ラズベリージャムを小さじ1/2ずつ入れたあと、残りの生地をのせる。
8.170度に予熱したオーブンで約25分間焼く。
9.オーブンから取り出して粗熱を取る。
10.マリネ液をつくる。お湯に砂糖を溶かし、リキュールを入れる。

11.マリネ液をタルトに流しかけ、ラップをして1時間ほど置いておく。
12.アイシングをつくる。粉砂糖を水で伸ばし、クッキングシートでつくったコーンの中に入れる。
13.型をはずし、真ん中にラズベリージャムを小さじ1/2ずつのせる。
14.ラズベリージャムの周りをアイシングでぐるりと囲む。
15.アイシングが固まったら完成

使った材料の情報

今回のルーネベリタルトで使った材料の情報です。

スーパーでも買えるものもありますが、ジンジャークッキーなどはあまり見かけないので、ネットで購入しました。

■ジンジャークッキー

スウェーデンのジンジャークッキーなのですが、薄くて砕きやすいのでオススメです。

店舗ならカルディ、ネットなら楽天やアマゾンで購入できます。

■カルダモン

こちらはスーパーでもみかけますが、ボトルタイプのものが便利でした。

■砂糖

砂糖は白砂糖でもいいのですが、気になる方はきび砂糖焼く甜菜糖などにするのもいいですね。

私はムソーの優精糖という砂糖を使いました。

ちなみに、最近のお気に入り砂糖。粒子が細かくて溶けやすく、ミネラルも豊富!

■ラズベリージャム

今回は、業務用スーパーのラズベリージャムを使いました。
デンマーク産でたっぷり入っています。
業務用スーパーデンマーク産ラズベリージャム

こちらも美味しくてオススメ・瓶もかわいい

食べてみた感想

ジンジャークッキー入りの生地がしっとりしていて、口当たりが良かったです。

ルーネベリタルトとラズベリー
ラズベリージャムの酸味もよく合う。

ジンジャーやカルダモンなどのスパイスが効いていて、北欧旅のことを思い出す味でした。


はじめて作りましたが、レシピ通りに進めると、味は満足できる出来でした。

作ってみた反省点

味はとっても良かったのですが、見た目がなかなか難しかったです。

もちろん、お店のようにはいきませんが、次はもうちょっときれいに作りたいなと思ってます。

生地の中にラズベリージャムを入れたのですが、空洞になるので、焼きあがって冷ますうちに生地が凹んでしまいます。

そこが今回気になったポイント。

ラズベリージャム入りも美味しいのですが、次は普通のルーネベリタルトの通り、中には何も入れないで作ってみようと思います。

また、アイシングが緩めだったので、きれいにデコレーションしたい場合は、粉砂糖を溶かすとき、お湯を少しずつ入れて固さを調整するのが良さそうです。

まとめ

フィンランドの2月のお菓子、ルーネベリタルトについての記事でした。

材料や手順が多くて、作るのはちょっぴり大変かもしれませんが、出来上がった時の満足感はかなりありますよ!

北欧好きの方、フィンランド好きの方、珍しいお菓子を作ったり、食べたりしたい方、ぜひ一度試してみてください。

<ルーネベリタルトによく似合うお皿たち>

こんな和のお皿もかわいいな

ちなみに、ネットでは見つかりませんでしたが、写真で載せているラズベリーのお皿も九谷青窯です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です