オリゴ糖で簡単!食パンラスクの作り方

オリゴ糖ラスク

スポンサーリンク

こんにちは、カヨ(@smalldreamhope)です。

甘いものが大好きなのですが、なるべく体にも良いものをと色々試してみています。

今回はお腹の調子を良好に保ってくれるオリゴ糖を使ってお菓子を作ってみました。

家にある材料でパッパッと作れるラスクを紹介します。

オリゴ糖の話

オリゴ糖は腸内環境を整える善玉菌「ビフィズス菌」の良きパートナー。

摂取したオリゴ糖は腸に届き、ビフィズス菌に食べられます。

オリゴ糖を食べて増えたビフィズス菌が乳酸などの酸を出して、腸の動きを活発にしたり、悪玉菌が住みにくい環境にしたり、腸を整えます。

赤ちゃんにもいいオリゴ糖

産まれたての赤ちゃんの腸には、ビフィズス菌がいっぱい。

お母さんからビフィズス菌を受け継いで、産まれてくるそう。

しかし離乳食がはじまると、急激にビフィズス菌が減ります。そうすると便秘になったり、お腹の調子を崩したりしやすくなります。

オリゴ糖はそんな赤ちゃんの腸にも役立ちます。オリゴ糖を使った離乳食メニューなどもあるようです。

詳しくはオリゴのおかげ | おかげママwebから

オリゴ糖と食パンのラスク

では、そんな腸に嬉しいオリゴ糖と食パンを使った簡単ラスクの材料や作り方を紹介します。

材料

  • 食パン:10枚切り・3枚(100g程)
  • オリゴ糖:40g
  • ココナッツオイル:20g

※ココナッツオイルはサラダ油でもOK

作り方

1.食パンを食べやすい大きさに切る(ちぎる)
2.オリゴ糖とココナッツオイルをよく混ぜる
3.食パンを2に浸しよく混ぜる
4.トースターでカリッとするまで両面焼く(片面4分ほど焼きました)

※トースターによって時間が変わると思うので、調整してください

焼けてから少し時間を置くとカリッとしてきます。

今回使ったオリゴ糖

今回のラスク作りで使ったのは「オリゴのおかげ」という商品。お菓子作りだけでなく、煮物や焼き物などの料理にも使えるオリゴ糖です。

ボトル型で必要な分だけ出しやすく、とても便利でした。

横浜中華街では、このオリゴ糖を使った杏仁ソフトクリームが人気だそう!気になります。

通販でも販売されていました。

これから、オリゴのおかげを使った他の料理にも挑戦してみたいと思います。

まとめ

オリゴ糖を使ったラスクを紹介しました。

食パンはカリッとしやすい10枚切りの薄いものを使いましたが、5枚切りや6枚切りでも作れます。

甘さ控えめで、オリゴ糖のパワーも入ったおやつ、ちょっと小腹が空いた時などにいかがでしょうか。

『オリゴのおかげ』モニプラ支店ファンサイト参加中
オリゴ糖ラスク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です