名古屋で北欧モーニング!?北欧好きのモーニングは北欧カフェ「ラヤキヴィ(Rajakivi)」へ!

スポンサーリンク

こんにちは、すもるです。

先日、結婚式参列のため、おひとりさま名古屋旅をしてきました。

さて、名古屋の朝といえばモーニング

ということで、オススメのお店を探していると、なんと、ドリンクと北欧のパンがいただけるモーニングのお店があると情報をキャッチ。

名古屋駅からは一駅分離れていたのですが、早起きして行ってきました。

北欧の風を感じるカフェ「ラヤキヴィ」

北欧フィンランド「ロバーツコーヒー」のコーヒーや紅茶、デンマーク式のオープンサンド「スモーブロー」、北欧のパンやケーキなど、北欧メニューを楽しめる、名古屋にあるカフェ。

インテリアも北欧のものを使われていたり、コンセプト通り、北欧の風や香りを感じることのできるカフェです。

ラヤキヴィデータ

■住所:愛知県名古屋市中区金山 2-11-1 アーバンハイツ金山1F

■電話:052-253-7632

■営業時間:8:00〜18:30 (ラストオーダー18:00)

モーニングは8:00〜11:00

■定休日:月曜日(祝日の場合翌日火曜日振替)

■サイト:NordicCafe Rajakivi  * 北欧カフェ ラヤキヴィ

北欧モーニングが楽しめる!

北欧の料理を楽しめるラヤキヴィさんですが、名古屋のカフェということで、モーニングを提供されています。

モーニングといえば、ドリンクを注文すると、ドリンク代だけで、トーストやゆで卵などが付いてくるサービスですよね。

ラヤキヴィさんのモーニングは、システムは同じなのですが、トーストではなく、北欧で食べられている伝統的なパンと、ベリーソースのヨーグルトが付いてきます。

選べる北欧パン

パンは4種類から選べるようになっています。

slproImg_201604101418150.jpg
  • カルヤランピーラッカ
  • (ミルクで炊いたおかゆをライ麦生地で包み焼きあげたパン。エッグバターを添えて。)

  • ペルナピーラッカ
  • (ライ麦生地にマッシュポテトを包み焼き上げたパン。デンマーク産モッツアレラチーズを添えて。)

  • ヴォイ・シルマ・プッラ―シュガーバターロール
  • (バターと砂糖をトッピングし焼き上げたパン。)

  • コルバ・プースティ―シナモンロール
  • (シナモンペーストを練りこみロール状に巻いたパン。)

※ラヤキヴィサイトより

どれも、北欧ならではのパン。

それを日本で食べられるのが嬉しいです。

※パン1個では足りない時や、他の種類も食べたい場合は、1つ150円で追加できます。

北欧モーニング楽しみました

モーニングは開店時間の8:00からスタート。

1番のりで、北欧モーニング体験してきました。

注文したのは下記の写真▼

  • ロバーツコーヒー(チョコミントフレーバー)
  • ペルナピーラッカ

お値段は、500円

フィンランドの「イッタラ」の食器で出て来るのが嬉しい。

ドリンクは、少しぼーっとしていたので、すっきりするかなと思い、チョコミントフレーバーのコーヒーをたのみました。

甘さが足りない時に入れる、ゆる目のホイップクリームが添えてあります。

(他の方のブログ情報によるとクリームにはホワイトチョコが入ってるそう)

ミントチョコはふわっと香るぐらいで、コーヒーの風味の方が強いお味でした。

爽やかで、すごく好み、お店で売ってあったら買いたかったな。

ロバーツコーヒーMemo
違うお店ですがネットでは買えるようでした!パッケージがムーミンママ!かわいい。

北欧パンのペルナピーラッカ(ライ麦生地にマッシュポテトが包まれたパン・デンマークチーズのせ)は、すごくシンプルで、ライ麦やジャガイモの味を感じることができます。

デンマークのチーズが濃くて美味しかったです。

わりと小さめで、3口ぐらいで食べられます。

女性でも、1つでは足りないかもしれません。

朝はしっかり食べる派という方は、パン追加か、他のメニューを一緒に注文されることをオススメします。

フィンランドのパンケーキ「パンヌカック」

なかなか行くことのできない名古屋の北欧カフェなので、モーニングと一緒に、フィンランドのパンケーキ「パンヌカック」も注文。

パンヌカックとは、フィンランドならではのパンケーキで、お砂糖を使わずにオーブンで焼いた、四角いパンケーキとのこと。

ムーミンのお話の中でも、ムーミンママが焼くパンケーキとして出てきます。

食感は、日本で食べるパンケーキと違って、もちもちしていて、しっかり生地がつまってます。

お味は、優しくシンプルな感じで、どこか懐かしい味。

フィンランドの家庭料理だからかな。

個人的には、子供の頃食べていた、お家にある材料で焼いたちょっと厚めのクレープみたいだなと感じました。

だから、懐かしいのか!と納得。

また、リンゴンベリーのジャムの酸味がシンプルなパンケーキにとてもマッチしていました。

お値段は単品だと、480円ですが、ドリンクとセットの場合はドリンク代+350円になります。

今回の私の場合は、モーニングとパンヌカックを食べたので、合計850円でした。

パンヌカック自体はそんなに大きくないのですが、モーニングとセットにしたので、5時間後の13時ぐらいまではお腹は空かない、そんな量でした。

北欧メニューが充実したカフェ

今回はモーニングと、パンヌカックを注文しましたが、他にも、デンマークのオープンサンド「スモーブロー」やベリーのチーズケーキなど気になるメニューがたくさんありました。

北欧のクリスマスシーズンに飲まれるドリンク「グロッギ」や、ルバーブやエルダーフラワーといった日本ではあまり見かけない野菜やハーブのドリンクもあり、全部制覇したい!体験したい!と思いました。

北欧メニューがとても充実していて、魅力的です。

ラヤキヴィへの行き方

最寄りの駅は名古屋駅からJRで一駅の「金山駅」。

そこから、8分ほど歩きます。

グーグル地図があれば、迷うことはほぼ無いと思いますが、道順を写真で記録しておきます。

1.金山駅改札口を出たら進行方向左側、北口へ向かう

2.北口をでたら、斜め前にあるカナヤマギンザのビルを目指して横断歩道を渡り、 左方向へ進む

3.角の横断歩道を右折し、しばらくまっすぐ進む。道路挟んで反対側には、かに本家という大きなビルが見えます

4.しばらく進むと、情熱ホルモンの看板が見えるので、その交差点を左折して渡る。

5.渡って、200メートル程まっすぐ進むと、グリーンに囲まれた、ラヤキヴィに到着します。

ラヤキヴィまとめ

名古屋のモーニング、新しさを求めたいならラヤキヴィさんをオススメします!

また、日本で北欧の食をたっぷり楽しめるラヤキヴィさんでは、北欧関連のワークショップなども時々行われているそうで、名古屋の方がうらやましいなーなんて思いました。

名古屋にまた行く機会があれば、再訪したい場所です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です