素朴でやさしい名古屋土産「鬼まんじゅう」

スポンサーリンク

こんにちは、すもる(@smalldreamhope)です。

先日、名古屋旅をしてきました。

名古屋って、名物が多いのでお土産に迷います。

定番のものはすでにもらっていたりするので、ちょっと変わり種を選んでみました。

さつまいもがゴロゴロ入った、東海地方のお菓子「鬼まんじゅう」

素朴なのに、ほっこり甘くて美味しくて、喜ばれるお土産でした。

関連記事:おしるこのイラストがかわいい名古屋「しるこサンド」

素朴でやさしい「鬼まんじゅう」

強そうな名前とは裏腹に、やさしい甘さを感じるお菓子「鬼まんじゅう」

そもそも、どんなお菓子なのか調べてみました。

鬼まんじゅうとは?

薄力粉と砂糖を混ぜた生地に、角切りにしたさつまいもを入れて蒸したお菓子。

愛知県などの東海地方で親しまれてきたとのこと。

鬼まんじゅうという名前は、表面のさつまいもがゴツゴツしている様子が、鬼の金棒に似ていることからついたなど諸説あるそうです。

名古屋駅で買える鬼まんじゅう

さて、そんな東海地方の伝統的なお菓子「鬼まんじゅう」名古屋では老舗の和菓子屋さんからスーパーまで、いろんな場所で買えるようですが、今回は時間がなかったので、名古屋駅の中で買いました。

名古屋駅で鬼まんじゅうを買えるのは、新幹線の入り口に近い「GIFT KIOSK」

下記の東海Kiosk株式会社のホームページ9番に位置するお店です。

東海キヨスク株式会社 : 駅マップ

創業105年の老舗の和菓子屋さん「小ざくらや一清」というお店の鬼まんじゅうが売られています。

3個入り370円。

1個の大きさは、直径8センチ程。

ほんとにたくさんの角切りさつまいもがゴロゴロと入っています。

生地は薄く、甘さ控えめなので、まるで蒸したさつまいもそのものを食べているかのよう。

派手さはありませんが、どこか懐かしい感じのする、やさしいおやつです。

体にも良さそう。

ただ、賞味期限は当日なので、帰ってすぐ食べるお土産として購入されることをおすすめします。

さいごに

今回は時間がなくて、駅構内で買いましたが、駅近くの高島屋地下では「浪越軒」という和菓子屋さんの鬼まんじゅうが買えるそうです。

昭和二年創業 和のおやつ:::浪越軒

また、名古屋駅から電車で14分ほどの覚王山駅前にある「梅花堂」というお店の鬼まんじゅうが、午前中には売り切れてしまうほど、人気でおいしいとのこと。

梅花堂 (ばいかどう) – 覚王山/和菓子 [食べログ]

鬼まんじゅうの味、私は相当気に入ってしまったので、今度名古屋に行く機会があれば、そこの鬼まんじゅうを買い食いしようと狙っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です