石川・片山津温泉のお宿「かのや・幸楽苑」に泊まった感想

スポンサーリンク

こんにちはすもる(@smalldreamhope)です。

今回の加賀温泉郷旅でお世話になった、片山津の眺望自慢のお宿「かのや幸楽苑」さん。

かのや幸楽苑

泊まる前に、旅行会社の口コミをみて良さそうだったので、こちらに決定。

広いお部屋で、ゆっくりと過ごせるお宿だったのでそのレポート書きます。

関連記事湖のほとりの温泉街「片山津温泉散策」を楽しむ!
関連記事うさぎと遊べるテーマパーク!石川県「月うさぎの里」

かのや幸楽苑・外観や内装

外観は黄色い建物。

幸楽苑外観

玄関は老舗、高級感がありとてもきれいでした。

かのや幸楽苑 玄関

お部屋の様子

約12畳ほどの綺麗な和室のお部屋

旅館和室

今回のプランでは、バスなしの部屋とのことだったのですが、平日に行ったこともあり、とても広いお部屋に変更してもらえたようです。

更に、5畳ほどの小部屋?もあって、とても広々。

かのや幸楽苑小部屋

窓からは少し柴山潟が見えました。

幸楽苑からみえる柴山潟

部屋によっては完全リバービューのようです。
眺望自慢とあったので、どのお部屋からもよく見えるのかと思ったのですが、ちょっと残念。
絶対にリバービューが希望の方は、宿に確認しておいた方がいいと思います。

お部屋のアメニティーは

部屋のアメニティー
  • 歯ブラシ
  • ヘアトニック
  • ヘアリキッド
  • アフターシェープローション
  • ハンドソープ

女性用の色々は温泉にありました。
後ほど紹介。

設備は

  • ポット
  • お茶セット
  • 電気ケトル
  • ゆかた
  • タオル
  • バスタオル
  • 金庫
  • 冷蔵庫
  • ドライヤー
  • 内線電話
  • テレビ
  • スリッパ

よくある設備となっています。
困ることはありませんでした。

お茶菓子が加賀銘菓で、おいしかったです。

加賀の國

料理について

部屋食ではなく、宴会会場(お食事処)で和風のテーブル席でいただく形でした。

加賀の郷土料理と鮑の夕食

お料理はプランによって少し違うみたいです。

私達のはこんな感じ。

幸楽苑夕食

鮑の踊り焼きが!歯ごたえあって新鮮でした。
鮑踊り焼き

鮑

全体的には、よくある旅館ご飯という感じだったのですが、治部煮というお椀がとても美味しかったです。

治部煮

加賀の郷土料理だそうで、鶏肉に小麦粉をまぶしたものやお麩を甘辛お醤油ベースの出汁で煮込んだもの。

ジブジブ煮るから治部煮だとか。
※他にも由来はあるこうです。

その土地ならではの郷土料理はやっぱり美味しいです!

朝ごはんは和定食

ごはんのともがたくさんあって、お茶碗1杯では足りません。

かのや幸楽苑朝食

魚の干物と源泉で作った温泉卵が美味しかったです。

魚の干物

温泉について

お宿自慢の広い温泉に満足でした。

温泉は源泉かけ流し

この温泉を選んだのは、片山津温泉の中でも源泉かけ流しのお風呂があるから!

豊富な湯量を誇る、元湯の宿とのこと。

なんとなく温泉は源泉かけ流しに弱いです。

源泉を飲むこともできたので、恐る恐る口に含むと、、しょっぱ!そして苦!というお味。

でも、飲めなくはなかったかな。

胃腸にいいとのことなので、旅で食べ過ぎた胃を癒してくれたことでしょう。

温泉の特徴

温質は、ナトリウム、カルシウム塩化物泉で、胃腸や肝臓に良いとされています。

「効能一覧」

  • 神経痛・筋肉痛・関節痛・関節のこわばり
  • 冷え性疲労回復
  • 健康増進
  • きりきず・やけど
  • 慢性皮膚炎

強めの塩分が、肌から吸収がよく、肌のアミノ酸と結びつき保護膜を作るので、ポカポカ効果が続き、冷え症に良いとのこと。

平日だったので、ほぼ広いお風呂が貸し切り状態でした。

女湯からは、少しですが、柴山潟が見えましたよ。

個人的には、寝湯が半身浴できる高さで、冷えとり的にもありがたかったです。

温泉のアメニティー

女性には特に重要なポイント。
いつも何があるか調べるのですが、なかなかその情報って見つからないので、ここに書いておこうと思います。

かのや幸楽苑・女湯にあるもの

『温泉内』

  • シャンプー
  • トリートメント
  • ボディーソープ
  • クレンジング
  • 洗顔ソープ
  • ピーリングジェル

『脱衣所・洗面所』

  • 化粧水・乳液(SHISEIDO)
  • 温泉のオールインワンジェル
  • 洗い流さないトリートメント(2種類)
  • ピーリングジェル
  • コットン・綿棒
  • くし
  • ドライヤー

ほぼ定番のものはあります。
嬉しかったのが、ヘアトリートメントがあったこと。

塩泉なので、少し髪がごわつく感じだったので、助かりました。

その他・幸楽苑さんのポイント

泊まって感じたことです。

温泉街中心・散策スポットに近い

かのや幸楽苑さんは、散策スポットの浮御堂や足湯に近いのが魅力。
宿を拠点に気軽に楽しめます。
また、片山津温泉総湯はすぐ隣です!

片山津温泉総湯

関連記事湖のほとりの温泉街「片山津温泉散策」を楽しむ!

九谷焼ギャラリーが素敵

温泉の近くに、美術品ギャラリーがありました。
伝統工芸の九谷焼の器が並んでいて、とても綺麗でした。

仲居さんが優しかった

お部屋やご飯どころで接してくれた仲居さんが、フレンドリーで好印象でした。

ご飯を注いだくれた時、食べる時間が最終だったので、おひつの下の方のご飯だったことを気にかけてくれ、炊いたところのおいしいところ持ってくるけど、どうかな?と聞いてくれました。

私はお腹いっぱいだったのですが、そんな風に声をかけてくれるんだ〜とちょっと好感度持ちました。

フレンドリーさが苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、なんだかほのぼの感のある仲居さんが、私は好きでした。

幸楽苑の心温まった話

宿泊した日は、海外からの団体のお客さんと一緒でした。

露天風呂に入ったときに、男湯から声が。
隣り合わせなので、よく聞こえるんです(^_^;)

どうやら、おじいちゃんとシンガポールからのお客さんが話をしているよう。

おじいちゃん日本語で、どこから来たんや?日本はどうや?どこを旅してるんや?と質問攻め。

シンガポールの方は、日本語も少し話せるようで、ゆっくりと日本語で、答えていました。

おじいちゃんが、知ってる日本語どんなんあるん?と聞いたり、逆にシンガポールの方がおじいちゃんの知ってる英語を聞いたりと、ちょっとした国際コミュニケーションが繰り広げられていました。

温泉って開放的になるんでしょうか、それぞれ話したことが思い出になるんだろうなーっと、やりとりに、少しほのぼのしてしまいました。

また、私自身もお風呂場がどこか偵察しに行ったときに、海外の方が、にこにこ笑顔で「温泉はこの中よ」と英語で話しかけてくれました。

英語にびっくりした私。 サンキュー!としか返せなかったのですが、なんだかちょっと嬉しかったです。

英語がはなせたら、旅したときにコミュニケーションとれて楽しいんだろうなー。そんなことをまた思いました。

片山津温泉の夜景

片山津温泉さいごに

片山津温泉の泉質が合ったのか、お肌がスベスベになりました。

なんとなく、毛穴とかきれいになった感じ、化粧ノリが良くなりました!嬉しい。

今回の宿泊プランは、料理に鮑がついてくるプランで約13,500円でした。

贅沢を言ったら、もう少しお料理が美味しかったら・・・とも思いましたが、お宿のスタッフさんの人柄と、何と言っても源泉に浸かれるお風呂が良かったです。

幸楽苑おすすめ度

『大人旅なら』
★★★★ 星4つ

『子連れ家族なら』
★★★★ 星3つ
お子さんのいるご家族は、湯快リゾートもあるので、そちらの方がご飯がバイキングだったりして、楽しいかもですね。

ご予約・詳細は下記からも。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です